日経WOMAN 2016年3月号に取り上げていただきました。Web記事はこちら

日経WOMAN 2017年3月号に取り上げていただきました。Web 記事はこちら

日経WOMAN 2018年3月号に取り上げていただきました。Web 記事はこちら

「1億人の投信大賞2018」のプレス・リリースを配信しました。内容はこちら

一億人の投信大賞とは

「普通の人が普通に長期投資で資産形成をするため」という視点で良い投信を徹底的に探してみよう!ということで企画したのが「一億人の投信大賞」です。 5783本の対象ファンドから絞り込んだ134本、その中から優秀ファンドを選定します。

>>続き

国内株式部門

SBI中小型成長株ファンド ジェイネクスト(年2回決算型)《jnextⅡ》

42.0億円 3年 10
2位 1位 8位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

マザーファンドを通じて、主としてわが国の株式のうち将来の成長機会を持つ、革新的な高成長を遂げると判断できる企業に厳選投資を行なう。
銘柄分散、時間分散を考慮した分散投資を行なう。

運用会社:SBIアセットマネジメント

コドモファンド

64.7億円 5年 7
5位 9位 4位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

国内外の複数の投資対象ファンドを通じて、投資にあたって、「長期投資」、「分散投資」、「厳選したファンド」を特色として掲げ、投資家に長期の株式投資を提供することを目的として運用を行なう。
成功報酬制度を導入している組入れファンドあり。原則、適宜為替ヘッジを行なう。

運用会社:クローバー・アセットマネジメント

ジャパン・アクティブ・グロース(分配型)

51.7億円 3年 12
1位 10位 9位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

マザーファンドを通じて、主としてわが国の株式に投資する。
運用にあたっては、個別企業の調査・分析等に基づいたボトムアップアプローチにより、企業の経営戦略や財務戦略などを通じて長期的な株主資本成長や利益成長が期待できる銘柄を選定する。
分配金額は、分配対象額の範囲内で、配当等収益等の水準および基準価額水準等を勘案して決定する。
なお、決算期末の前営業日の基準価額が11000円以上の場合は、分配対象額の範囲内で、あらかじめ定めた金額の分配を行うことを目指す。

運用会社:野村アセットマネジメント

外国株式部門

野村未来トレンド発見ファンド Bコース(為替ヘッジなし)《先見の明》

85.0億円 3年 11
1位 1位 5位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

マザーファンドを通じて、主として新興国を含む世界の上場株式に投資する。
銘柄選定にあたっては、グローバルな視点で投資魅力のある中長期の成長テーマを複数選定し、関連する銘柄群を中心に利益成長に着目した銘柄選択を行なう。
成長テーマの選定は、「新たな価値の創造」、「新興国へのトレンドの広まり」、「社会構造の変化」の観点から行なうことを基本とする。原則、為替ヘッジなし。

運用会社:野村アセットマネジメント

セゾン資産形成の達人ファンド

623.6億円 11年 1
2位 3位 4位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

複数の投資対象ファンドを通じて、主として海外および日本の株式に幅広く分散投資するファンド・オブ・ファンズ。
株式市場の過熱により有望な投資先がないと判断した場合は、債券に投資する場合もあり。
運用にあたっては、それぞれの地域に強みを持ち、安全性や長期的な収益力を基準に選別投資を行なうファンドに投資を行ない、
各ファンドが投資対象とする株式市場の規模等を考慮しながら、長期的な視線で資産配分を行なう。原則、為替ヘッジなし。

運用会社:セゾン投信

EXE-i グローバル中小型株式ファンド

51.6億円 5年 2
2位 6位 2位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

主として世界(日本を含む)の中小型株式市場の値動きに連動する複数のETF(上場投資信託)への投資を通じて、
世界(日本を含む)の中小型株式市場の値動きと同等の投資成果を目指すファンド・オブ・ファンズ。
参考指標は、FTSEグローバル スモールキャップ インデックス(円換算ベース)とする。原則、為替ヘッジなし。

運用会社:SBIアセットマネジメント

外国株式(除く日本)

たわらノーロード 先進国株式

264.1億円 3年 0
3位 1位 6位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

マザーファンドを通じて、主として海外の金融商品取引所に上場している株式に投資し、
「MSCIコクサイ・インデックス(円換算ベース、配当込み、為替ヘッジなし)」に連動する投資成果を目指す。
購入時手数料、換金時手数料、信託財産留保額なし。外貨建資産については原則、為替ヘッジなし。

運用会社:アセットマネジメントOne

eMAXIS 全世界株式インデックス

72.1億円 8年 7
7位 4位 1位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

マザーファンドを通じて、日本を除く先進国および新興国の株式に投資し、
MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本、円換算ベース)に連動する投資成果を目指す。原則、為替ヘッジなし。

運用会社:三菱UFJ国際投信

SMT グローバル株式インデックス・オープン

589.7億円 10年 10
1位 5位 7位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

マザーファンドを通じて、主として日本を除く世界の主要国の株式に投資し、「MSCIコクサイ・インデックス(円ベース)」に連動する投資成果を目指す。
原則、為替ヘッジなし。

運用会社:三井住友トラスト・アセットマネジメント

新興国株式

野村インデックスファンド・新興国株式《Funds-i 新興国株式》

41.6億円 8年 3
1位 4位 1位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

マザーファンドを通じて、主として新興国の株式に投資し、MSCIエマージング·マーケット·インデックス(配当込み·円換算ベース)に連動する投資成果を目指す。
原則、為替ヘッジなし。

運用会社:野村アセットマネジメント

SMT 新興国株式インデックス・オープン

183.8億円 10年 4
2位 1位 4位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

マザーファンドを通じて、主として取引所に上場されている新興国の株式に投資し、
「MSCI エマージング・マーケット・インデックス(円換算ベース)」に連動する投資成果を目指す。原則、為替ヘッジなし。

運用会社:三井住友トラスト・アセットマネジメント

EXE-i 新興国株式ファンド

83.1億円 5年 0
4位 2位 2位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

主として新興国の株式市場の値動きに連動する複数のETF(上場投資信託)への投資を通じて、
新興国の株式市場の値動きと同等の投資成果を目指すファンド・オブ・ファンズ。
参考指標は、FTSEエマージング・インデックス(円換算ベース)とする。原則、為替ヘッジなし。

運用会社:SBIアセットマネジメント

資産分散 アロケーション・積極型

資産分散 アロケーション・積極型

43.8 億円 5年 3
- 2位 1位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

運用会社:三井住友トラスト・アセットマネジメント

268.4 億円 7年 2
- 1位 3位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

運用会社:三菱UFJ国際投信

194.2 億円 3年 1
- 3位 4位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

運用会社:HSBC投信

資産分散 アロケーション・やや積極型

資産分散 アロケーション・やや積極型

38.9 億円 3年 1
- 1位 4位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

運用会社:GCIアセット・マネジメント

80.5 億円 5年 0
- 2位 3位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

運用会社:野村アセットマネジメント

97.4 億円 18年 10
- 4位 2位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

運用会社:三菱UFJ国際投信

資産分散 アロケーション・標準型

資産分散 アロケーション・標準型

61.7 億円 13年 5
- 2位 1位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

運用会社:大和証券投資信託委託

87.3 億円 9年 0
- 1位 5位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

運用会社:日興アセットマネジメント

113.1 億円 15年 6
- 3位 4位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

運用会社:ニッセイアセットマネジメント

資産分散 アロケーション・やや安定型

資産分散 アロケーション・やや安定型

35.9 億円 17年 2
- 2位 1位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

運用会社:三井住友アセットマネジメント

36.6 億円 3年 3
- 1位 6位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

運用会社:GCIアセット・マネジメント

98.3 億円 13年 3
- 3位 4位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

運用会社:大和証券投資信託委託

資産分散 アロケーション・安定型

資産分散 アロケーション・安定型

43.6 億円 18年 7
- 2位 1位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

運用会社:損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント

96.5 億円 13年 1
- 3位 4位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

運用会社:三井住友アセットマネジメント

70.0 億円 18年 8
- 6位 2位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

運用会社:損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント

国内債券

68.2 億円 3年 2
3位 3位 2位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

運用会社:アセットマネジメントOne

656.4 億円 16年 0
1位 2位 6位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

運用会社:三井住友アセットマネジメント

160.9 億円 5年 1
1位 1位 8位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

運用会社:ニッセイアセットマネジメント

外国債券

50.1 億円 4年 6
1位 1位 6位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

運用会社:三菱UFJ国際投信

168.8 億円 10年 1
2位 5位 3位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

運用会社:三井住友トラスト・アセットマネジメント

34.8 億円 10年 10
3位 6位 1位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

運用会社:三菱UFJ国際投信

外国債券(円ヘッジあり他)

69.6 億円 20年 0
3位 2位 1位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

運用会社:アセットマネジメントOne

70.6 億円 4年 9
1位 1位 2位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

運用会社:三菱UFJ国際投信

90.6 億円 5年 12
2位 3位 4位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

運用会社:東京海上アセットマネジメント

新興国債券

130.5 億円 15年 5
1位 1位 3位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

運用会社:三菱UFJ国際投信

41.5 億円 10年 0
1位 3位 1位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

運用会社:日興アセットマネジメント

66.4 億円 10年 4
2位 2位 2位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

運用会社:三井住友トラスト・アセットマネジメント

国内REIT

38.5 億円 11年 10
1位 1位 1位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

運用会社:三井住友トラスト・アセットマネジメント

35.5 億円 5年 10
1位 3位 2位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

運用会社:大和証券投資信託委託

35.5 億円 3年 4
2位 2位 3位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

運用会社:アセットマネジメントOne

外国REIT

51.3 億円 5年 8
1位 2位 1位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

運用会社:ニッセイアセットマネジメント

34.6 億円 3年 2
2位 1位 2位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

運用会社:アセットマネジメントOne

76.3 億円 10年 10
1位 3位 3位

(2018年12月31日時点)

①アクティブ投信は対ベンチマーク超過リターンが高いもの
 パッシブ投信はトラッキング・エラーが小さいもの
②シャープレシオが高いもの
③資金流出入の標準偏差が小さいもの

運用会社:三菱UFJ国際投信

▲ページトップ